協会について

 

about_us_03

東京シルバーライフ協会は司法書士や行政書士、税理士、土地家屋調査士等の国家資格者が在籍するベストファームグループの高齢者支援を行う法人です。

高齢者支援サービスを行うにあたり、各法人単独では解決できない複合的な問題を解決するため、各資格業務を横断した包括的なサービス提供を目指し、別法人として運営しております。

今日、全国の介護施設や病院では、「身元保証人」を入居や入院の必要条件としています。このような状況により、頼める人がおらず、必要な介護や治療を受けることができないご高齢者を、東京シルバーライフ協会がお手伝いいたします。

現在、東京シルバーライフ協会では、300名を超えるお客様の身元保証人となり、サービスを提供しています。また、対応するスタッフは、日々お客様とお会いし、家族に接するような気持ちでご高齢者のご相談に応じています。

「お客様と真摯に向き合う姿勢を貫くこと」「お客様の意思を実現する行動を徹底すること」「お客様の信頼を得るために成長し続けること」

この3つの基本方針を大切にし、ご高齢者に喜ばれる協会を今後も運営して参ります。
㈬田口さん写真
name_03

当協会が選ばれる4つの理由

1.資格法人を中心としたグループ

東京シルバーライフ協会は、ベストファームグループの一員です。ベストファームグループには、相続・税金の手続き、不動産登記、遺言書作成手続きを主としたサービスをワンストップで提供する司法書士・行政書士・税理士等の国家資格者が在籍しており、平成28年で創業25年を迎え、グループ全体の社員数は約150名です。当協会の社員(従業員ではなく法人の構成員のこと)となる司法書士法人、行政書士法人、土地家屋調査士法人、税理士法人は、それぞれ国家資格者のみで構成され、無限連帯責任を負っております。つまり、それぞれの法人の債務について連帯して責任を負うという厳しい責任を負っているのです。当法人は、それらの資格法人を中心として慎重に運営を行っております。

2.お預かりしたお金は信託会社へ預けます。

お客様からお預かりした預託金は、株式会社山田エスクロー信託様という信託会社に全額信託することで保管しています。信託会社に預けることで、信託財産として信託法で保護されます。仮に当協会や信託会社が倒産したとしても、預けたお金がなくなる心配はありません。

3.法人による任意後見契約

判断能力が低下し、ご自身で判断ができなくなったときに、東京シルバーライフ協会が法人として任意後見人になります。個人ではなく、法人で受任しているため、法人の複数の職員が後見業務を行います。お客様は、認知症などにより判断能力が低下しても不正が起こりづらい仕組みのもとサポートを受けることができます。

4.寄付を受け取りません。

弊会の役割は、お客様の意思に基づきお客様の財産を適切に保全することで、お金を受け取ることではございません。寄付のご相談を受けた際には、お客様と話し合いをし、最適な寄付先をご提案させて頂きます。

 

協会概要

 

法人名 一般社団法人東京シルバーライフ協会
設立 平成23年2月
代表理事 田口克彦
本社住所 東京都飯田橋四丁目7番1号 RF‐2 ロックビレイ6階
TEL 03‐5357‐1265
フリーダイヤル 0120‐165‐018
営業時間 9:00~19:00(土日祝日も営業)
最寄り駅 JR飯田橋駅東口徒歩4分・地下鉄A4出口徒歩3分
郡山事務所 福島県郡山市安積三丁目101番地 TEL:024-937-3060
いわき事務所 福島県いわき市平字堂根町1番地11 TEL:0246-35-6233

 

母体の法人/アクセス

 

母体の法人
ベストファームグループ
http://www.bestfirmgroup.jp/
東京シルバーライフ協会は
ベストファームグループの一員です。
東京本部事務所
http://www.bestfirmgroup.jp/tokyo/
東京地図
郡山事務所
http://www.bestfirmgroup.jp/kooriyama/
郡山地図
いわき事務所
http://www.bestfirmgroup.jp/iwaki/
いわき地図